カテゴリー別アーカイブ : 印刷全般

2010年4月16日    印刷について

最先端の印刷機 6色印刷でさらに美しい印刷を
従来の印刷物はそのほとんどが、シアン(水色)・マゼンダ(濃いピンク)・イエロー(黄色)・スミ(黒)の4色のインクで印刷されています。その基本の4色にプラス2色加えて6色として印刷したり、4色プラス白色インクとニスを加える印刷にしたりと、印刷の表現力は大きく広がりました。ニスはその使い方により、光沢感をよりだすこと、あるいは立体的に模様をだす(疑似エンボス)印刷が可能になりました。
例えば、飲食店のご案内などをニスを利用し、作成するとします。あらかじめデータで、指定しておけば、目立たせたい部分=料理の写真のみをPP加工したようにつるつるに浮き上がります。その他の部分はちょっと落ち着いた感じで表現され、今までとはちょっと違うおしゃれで最先端な印刷物が仕上がります。

また、このニスをのせる部分とのせない部分を細かく指定し模様のようにすれば、疑似エンボスとよばれる「ニスだけで表現する凹凸」の印刷も可能になりました。ちょっと違った印刷物をお試ししたい方、いかがでしょうか?

データ作成は、基本的にはIllustoratorを使用します。
UV印刷機
白インキ
UVニス